un

un

はてなブログの使い方をメインに書いています

おすすめのJ-ROCKバンド「ブランキー・ジェット・シティ」を紹介

【スポンサーリンク】

バーの画像

今回は、普段音楽をあまり聴かない私の、一番好きなミュージシャン「ブランキー・ジェット・シティ」についてご紹介します。

バンド紹介

バンド画像

この3人で結成された、日本一の3ピースバンドだが、2000年に解散してしまった。

「スピード」と解散時期が同じなので、あまり話題にならなかった印象が有る。

 

バンド名の由来

ライダー画像

  • ブランキー=市長の名前
  • ジェット・シティ=街の名前

を表しています。

曲の世界観は「ブランキー」の居る「ジェット・シティ」での、ぶっ飛んだ出来事を表しているよ。

 

 

曲紹介

好きな曲が多すぎて選びにくい中、3曲ピックアップしてご紹介します。

 

ガソリンの揺れかた

私が中学生の頃、97年に発売された8枚目のシングル。

私は当時、「ミュージックスクエア」というラジオ音楽番組を時々聴いていました。

その番組のエンディング曲として流れていたこの曲が、私とブランキーとの出会いです。

この曲の販売当時97年は、GLAYラルクアンシエル等のビジュアル系が大ブームで、ラブソングが流行っていたが、私はそのような曲があまり好きじゃなかった。

そんな中で「ガソリンの揺れかた」を聴き、シンプルな歌詞と静かなイントロから始まる曲のカッコ良さに惹かれ、ブランキーにハマっていきました。

 

RAIN DOG(レインドッグ)

セカンドアルバム「BANG!」に収録されている曲。

CDでこの曲を聴いた時は何も感じなかったけど、ライブ動画を観たらメチャクチャカッコ良かったので選びました。

ブランキーの曲は、基本的にCDで聴くよりライブ動画を観た方がいいですね。

全くの別物と言っていいほど違います。

 

いちご水

キャリア前半の曲を対象とした、ベストアルバム「Blankey Jet City 1991-1995」に収録されている曲。

私はこのアルバムが、ブランキーの中で最高のアルバムなんじゃないかなと思います。

他人にアルバムを勧める時、私ならこの一枚を選ぶ。

キャリア前半の曲は「ブランキー・ジェット・シティ」の世界観が、凄く濃く表れており個性的な曲が多いのが特徴です。

その一曲である「いちご水」は、個人的にブランキーの中で、最も明るく暖かい雰囲気を持った曲だと思います。

 

 

ファンの有名人達

f:id:un_machi:20201028143153j:plain

ブランキーファンの有名人達を、一部まとめました。

学生時代ブランキーを聴き続けていた私の周りには、ファンが誰も居なかったので、とても不思議に思っていたのですが、やはり多くのファン達が居るんだなと、後にネットで知り安心しました。

タモリさんがファンだと知った時は驚いた。

 

 

再結成について

f:id:un_machi:20201028143259j:plain

2020/7/7に掲載されたコチラのインタビュー記事より、「ブランキーの3人で新曲をプレイした」「3人でいつかアルバムを作りたい」と浅井健一本人のコメントから、再結成の噂が立ちました。

donut.main.jp

ただ、ドラムの中村達也は再結成について完全に否定しているので、その可能性は無いみたいです。

 

 

まとめ

バンド名だけは知っている、ロックは好きだけど聴いたことが無いといった方達が、この記事を読んで「ブランキー・ジェット・シティ」の曲を聴いてくれると嬉しいです。